芦屋東灘納税貯蓄組合連合会
トピックス 

トピックス

「e‐Tax」の研修会の開催について
1 はじめに
 当納貯連合会では、近年、消費税完納推進運動を柱に加え活発に活動し成果を挙げてきましたが、昨今のIT化の進展に対応すべく、更に「e‐Tax」(国税の電子申告・納税システム)の利用推進を活動の柱に加え充実した納貯活動として行きたいと考えます。
 言うまでもなく納税貯蓄組合は、組合員から「加入していてよかった、商売に役立つ組合、会費を納める価値のある組合」など高い評価を得る活動をすることが組合の存続に不可欠であります。
「e‐Tax」の利用推進につきましては、単に税務上の利便のみでなく事業の後継者の育成にも大きく寄与するものと考えます。即ち、「e‐Tax」を利用するためには、インターネットができることが前提になりますが、昨今、店にパソコンがなくても家庭では子供たちは大いにインターネットを楽しんでいる状況にあるのではないかと思います。
そこで、子供たちの能力を活用し「e‐Tax」を導入することは、子供たちに親の仕事に関心を持たせ、理解を深めることとなり「e‐Tax」に止まらず、商売上の情報収集、ネット販売やカラーの販売チラシの作成などに発展していくのではないでしょうか。
  平成18年9月29日
芦屋東灘納税貯蓄組合連合会
会長 嘉 納 毅 人
  「e−Tax」研修会の様子 | 「e−Tax」の研修会開催の概要 | 「税のしるべ」  
  トップページへ  

Copyright(C)Ashiya-Higashinada nouzeichochiku kumiairengokai. 2005 All rights reserved.